正月休みの天気 強い寒気は3日まで

tenki.jp / 2015年1月1日 23時21分

日本付近は3日にかけて強い冬型の気圧配置。日本海側を中心に引き続き大雪に警戒して下さい。4日は強い寒気は緩み、全国的に寒さは和らぎそうです。


2日~3日の天気 強い寒気続く

北海道
日本海側を中心に雪が続く見込みです。
札幌の最高気温は平年を2度から3度下回り、真冬日が続くでしょう。
東北
日本海側は雪で、ふぶく所がある見込みです。見通しがかなり悪いため、車の運転などご注意下さい。2日は太平洋側でも雪雲が流れ込む見込みです。仙台では昼頃から雲が広がり、雪の降る所があるでしょう。
仙台の最高気温は平年を2度から3度下回り、凍える寒さが続きそうです。
北陸
断続的に雪が降る見込みです。雷が鳴り、降り方が強まることもあるでしょう。
2日18時までの24時間に予想される降雪量は多い所で、80センチ。
その後も雪が降り続き、3日18時までに予想される24時間降雪量は、多い所で40から60センチの見込みです。 大雪による交通機関の乱れに警戒して下さい。
関東甲信
2日 東京は昼頃から曇マークに変わります。夕方からは一部で雪や雨が降るでしょう。そのほかの関東も午後は雲が多く、雪の所がある見込みです。山梨はおおむね晴れますが、長野は夕方以降、雪雲がかかりやすいでしょう。
3日 雪は山沿いに限られ、広く晴れる見込みです。
ただ、最高気温は平年を2度から3度下回り、日差しがあっても厳しい寒さでしょう。
東海
2日 岐阜は山沿いを中心に大雪でしょう。2日18時までの24時間に予想される降雪量は山地で50センチ。平地で20センチの予想です。愛知や三重、静岡の平地でも雪の舞う所があるでしょう。名古屋の最高気温は平年を4度くらい下回る予想です。
3日 雪の所も次第に降り方は弱まりますが、沿岸部を中心に風が強い見込みです。風を通しにくい服装でお出かけ下さい。
近畿
2日 北部や中部の山地を中心に断続的に雪が降る見込みです。引き続き大雪に警戒して下さい。中部や南部の平地でも雪雲の流れ込む所があるでしょう。
路面の凍結や積雪による交通機関の乱れにご注意下さい。
大阪の最高気温は2日、3日ともに平年を下回るでしょう。体にこたえる寒さが続きそうです。
四国
2日 山沿いを中心に雪雲がかかり、大雪になる見込みです。平野部でも積雪や大雪の所がある見込みです。強風や高波のピークは過ぎますが、海上では風が強く、波の高い状態が続くでしょう。
3日 天気が回復して、広く晴れる見込みです。最高気温は平年並みでしょう。
中国地方
2日 山陰や山陽北部を中心に大雪になる見込みです。引き続き大雪に警戒をして下さい。また、山陽南部でも積雪となる所があるでしょう。
3日 高気圧に覆われ、おおむね晴れる見込みです。最高気温は平年並みでしょう。
九州
2日 北部を中心に雪雲がかかるでしょう。雪の降る量が増え、山沿いを中心に大雪となり、平地でも積雪となる見込みです。暴風のおそれはなくなりましたが、強風に注意をして下さい。
3日 北部も晴れ間がでて、厳しい寒さは和らぐでしょう。強い風は収まり、日差しが暖かく感じられそうです。
沖縄
2日 天気の崩れはありませんが、雲が広がりやすいでしょう。那覇の最高気温は16度で、平年より4度くらい低い見込みです。
3日 寒気の流れ込みは弱まり、日差しが戻るでしょう。


4日の天気 全国的に寒さ緩む

今回の強い寒気の底は2日。その後は冬型の気圧配置は次第に緩み、4日は全国的に寒さが和らぎそうです。最高気温は平年並みか、広島や高知では平年より高くなるでしょう。ただ、積雪の多い所では屋根から落ちる雪や、なだれなどにご注意下さい。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング