3か月予報 秋は急速に深まり、寒さの厳しい冬に

tenki.jp / 2013年10月27日 9時27分

この先、季節の歩みは一気に進みそうです。先日、気象庁から発表された3か月予報によると、11月から1月にかけての3か月間の気温は、全国的に平年並みか低くなる見込み。今年の冬も寒さが厳しく、日本海側は大雪傾向となりそうです。

3か月予報

3か月予報

10月のこれまでの気温は、平均すると全国的に平年よりも高め。
特に10月の前半は、真夏のような暑さが戻りました。
9日には、新潟県の糸魚川で10月としては全国で統計開始以来初の猛暑日に
11日には、東京都心で1875年の統計開始以来で最も遅い真夏日に、などなど、暑さの記録が続出。
10月にもかかわらず、関東から西では、長袖では暑いと感じる日が多く、秋の装いの出番は少なめでした。
ですが、今後は状況が変わりそうです。
11月の気温は全国的にほぼ平年並み。つまり、秋らしい気温に。紅葉が遅れ気味だった所も、一気に色づきそうです。そして、12月と1月は全国的に気温が平年並みか低くなる見込みです。今年の冬も「寒冬」となりそう。また、北海道から東北の日本海側は大雪傾向となりそうです。

気温と降水量の予想

気温と降水量の予想

★11月
気温は全国的にほぼ平年並み。
西高東低の冬型の気圧配置が現れるようになるため、日本海側の地域は例年と同じように曇りや雨の日が多くなり、東北から北海道では雪の降る日も。
★12月~1月
冬型の気圧配置となる日が多く、全国的に寒気の影響を受けやすくなりそうです。
日本海側では、例年より雪や雨の日が多い。
太平洋側では例年より晴れる日が多い見込み。
気温は全国的に平年並みか低い予想です。

外部リンク

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング