仙台と大阪 正午の気温差 10度以上

tenki.jp / 2015年8月28日 13時4分

今日も北海道から関東は北東からの涼しい風が入り、9月中旬から10月上旬並みの気温の所が多くなっています。一方、西日本では近畿を中心に厳しい残暑。正午の気温は仙台と大阪で、その差10度以上となっています。

正午の気温

正午の気温

今日も北海道から関東には北東から涼しい風が吹き、太平洋側を中心に9月中旬から10月上旬並みの所が多く、涼しくなっています。
一方、西日本では所々で日差しが届き、近畿を中心に厳しい残暑となっています。
正午の気温は仙台は19度6分と10月上旬並み。
大阪は31度4分と厳しい暑さで、同じ本州でも気温の差が10度以上となっています。
東京も22度7分と8月とは思えない涼しい空気に包まれています。
東京は5日連続で気温が30度に届いていません。
明日も北海道から関東は太平洋側を中心に残暑は控えめに、一方、東海から西は最高気温が30度以上の所が多く、蒸し暑くなりそうです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング