10日以降、北海道から北陸を中心に再び大荒れ

tenki.jp / 2013年11月8日 17時15分

10日は低気圧が急速に発達しながら日本海を北東へ進み、全国的に風が強まる。気象庁は、北海道や東北、北陸を中心に暴風や高波への警戒を呼びかけている。低気圧から延びる前線の通過で全国的に雨が降り、日本海側の地方を中心に雷を伴い激しく降る所もある見込み。北海道では大雨にも警戒が必要だ。また、7日と同じように大気の状態が不安定となるため、竜巻などの突風にも注意。(日本気象協会)

10日の予想天気図

10日の予想天気図

11日は次第に冬型の気圧配置に変わり、北海道の上空約5500メートルで真冬並みの寒気が流れ込む。北海道と東北は12日にかけて平地でも積雪の所がある見込みで、路面状況の変化に注意。北陸と関東北部も雪の降る所があり、季節が一気に進みそうだ。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング