春の嵐の後 黄砂や真冬並みの寒気に注意

tenki.jp / 2018年4月6日 16時36分

メイン画像

今夜も四国から東海は激しい雨に注意。関東も所々で雨で風の強い状態が続くでしょう。春の嵐の後、今夜から7日(土)にかけて西日本を中心に広く黄砂飛来の可能性。8日(日)は上空に強い寒気が流れ込む予想です。

今夜 激しい雨や雷雨、強風

前線を伴った低気圧が日本海を進んでおり、今夜、東北付近を通過するでしょう。四国や近畿、東海では今夜も激しい雨の降る所がありそうです。関東も今夜は所々で雨が降るでしょう。南風の強い状態も続きそうです。車の運転は横風に流されないよう、いつも以上に慎重になさって下さい。

黄砂飛来か

前線が通過した後、春の使者とも言われる黄砂が飛来する可能性があります。
黄砂とは、東アジアの砂漠域(ゴビ砂漠、タクラマカン砂漠など)や黄土地帯から強風により大気中に舞い上がったもので、日本では春に観測されることが多く、時には空が黄褐色に煙ることがあります。
今日(6日)、朝鮮半島などでは黄砂が観測されていますが、今夜遅くから明日(7日)にかけて、西日本や北陸、東北などに黄砂が飛来する可能性があります。洗濯物を外に干す場合はお気をつけ下さい。
※6日午後6時追記:長崎や佐賀で黄砂を観測しました。

真冬並みの強い寒気

7日(土)夜から8日(日)にかけては上空に強い寒気が流れ込むでしょう。秋田の上空5500メートル付近に氷点下37度ほどと真冬並みの強い寒気が流れ込む見込みです。7日(土)夜から8日(日)にかけて東北の日本海側や北陸の山沿いを中心に雪が降り、降り方が強まる所もあるでしょう。山陰の山地でも積雪となる所があり、峠越えの車は注意が必要です。また、大気の状態が不安定になるため、日本海側はあられなどが降る可能性もあります。落雷や突風にも注意が必要です。関東でも8日(日)はにわか雨の可能性があります。
土日はヒンヤリした空気に入れ替わり、広く寒の戻りになるでしょう。福岡の7日(土)の最高気温は13度と3月上旬並みに。大阪も7日(土)、8日(日)は15度に届かず、日中も上着が必要になるでしょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング