近畿から九州は12月並みの気温

tenki.jp / 2013年11月17日 23時17分

このあと西日本を中心に寒気が流れ込みます。九州から近畿、北陸にかけては、17日は20度近くまで気温が上がった所もありましたが、18日の日中は12月上旬から中旬並みの気温になる見込みです。一方、関東から北海道の最高気温は平年並みかやや高い所が多くなりそうです。北海道は寒さが少し和らぐでしょう。

18日の朝は極端に冷え込む所はありませんが、本州付近には西日本を中心に寒気が流れ込むため、九州から近畿、北陸では日中の気温があまり上がりません。最高気温は17日より5度くらい低くなって、15度に届かない所が多いでしょう。12月上旬から中旬頃の寒さです。17日と同じ服装では寒いので、マフラーや冬物のコートなど、暖かくしてお過ごし下さい。関東は20度くらいまで上がり、昼間は過ごしやすいでしょう。東北は13度前後、北海道は10度前後の所が多い見込みです。
18日は太平洋側では晴れ間がありますが、日本海側では変わりやすい天気で、東北から北陸、山陰では雷が鳴ることもあるでしょう。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング