イチョウの黄葉前線、西まで

tenki.jp / 2013年11月20日 18時25分

北から黄葉前線が進み、これまでに東海や近畿、四国でもイチョウの黄葉が観測されています。今週末は全国的に晴れて、葉の色づきが見ごろを迎えた所では青空のもと楽しめそうです。一方、東京では今年も黄葉の観測は平年より遅れる見込みです。


西も黄葉、今週末は散策日和

本州の平野部でも色づいた葉が目立つ時期になってきました。イチョウの黄葉の観測は北海道や東北では平年より遅れた所が多かったものの、東海や近畿、四国ではほぼ平年並みで観測されています。関東の平野部でもだいぶ色づきの進んでいる所があり、今週末は関東でも見ごろを迎える所が多くなりそうです。今週末は土曜日、日曜日ともに全国的に晴れる見込みで、葉の色づきが見ごろを向かえている所では、青空のもと楽しめそうです。お出かけはtenki.jpの紅葉情報を参考になさって下さい。

池袋の木々の様子(11月20日)

池袋の木々の様子(11月20日)


東京の標本木は年々遅れる傾向に

ところで、東京のイチョウの黄葉は、年々遅れる傾向にあります。図は東京の黄葉の観測日をグラフにしたものです。傾向として近年は50年前に比べると、およそ半月以上も遅くなっていることが分かります。昔に比べ、朝晩の冷え込みが弱まってきたのが原因のひとつと言えそうです。
東京の黄葉の平年日(1981年からの30年の平均)は11月20日と今日です。気象台の方にお話を伺ったところ、色づきは始まっていますが、見ごろにはもう少し時間がかかり、今年も観測は平年よりは遅れそうです。

東京の黄葉観測日

東京の黄葉観測日

外部リンク

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング