日本海側、北陸を中心に落雷・突風に注意

tenki.jp / 2013年11月21日 22時33分

22日は、日本海側は北陸を中心に大気の状態が不安定で、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要です。また、石川県では引き続き土砂災害に警戒してください。

22日9時の予想天気図

22日9時の予想天気図

22日は寒気を伴った上空の気圧の谷が通過する見込みです。日本海側は北陸を中心に大気の状態が不安定で、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要です。ゴロゴロと雷の鳴る音が聞こえたときには、頑丈な建物の中に入りましょう。


石川県では土砂災害に警戒

22日も北陸は雨が降ったりやんだりで、雷を伴って雨脚の強まる所もあるでしょう。東北と北海道は日本海側を中心に雨や雪が降りそうです。北海道を除くと、山沿いや山地以外は雨が主体となるでしょう。
17日から降り続いている雨のため、地盤の緩んでいる所があります。特に石川県では22日の夜9時頃まで土砂災害に警戒してください。
関東から九州にかけては晴れる所が多い見込みです。ただ、気圧の谷の影響を受けて、午後は近畿や山陰などで雨や雷雨になる所があるでしょう。

外部リンク

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング