今年初の夏日に(諸島部を除く)

tenki.jp / 2016年3月6日 14時46分

日本列島には南から暖かな空気が流れ込んでいて、熊本県八代市(やつしろし)では、午後2時までの最高気温が25度3分に達しました。諸島部を除いて、今年初めて最高気温が25度以上の夏日になりました。

気温の様子(午後1時50分現在)

気温の様子(午後1時50分現在)

日本付近には南から暖かな空気が流れ込み、各地で気温が上がっています。
午後2時までの最高気温は、熊本県八代市(やつしろし)で25度3分に達しました。諸島部を除いて、今年初めて最高気温が25度以上の夏日になりました。
このほかにも、長崎県島原市で24度9分、福岡県大牟田市(おおむたし)で24度5分など、九州を中心に気温が上がっています。
暖かな空気は雨雲のもとになります。日本海を低気圧や前線が東へ進んでおり、西日本や東北の日本海側を中心に短時間に強い雨が降ることがあるでしょう。
気温が高いため北海道も湿った雪から雨に変わる見込みで、積雪の多い所は雪崩などに注意が必要です。東海や関東など太平洋側も、夕方以降は雨の降る所が多くなる見込みです。
春は気温の変化が大きいですが、今週中頃にかけては、気温の高い状態が続くでしょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング