3か月予報 全国的に寒い冬

tenki.jp / 2013年11月25日 23時4分

全国的に寒く、日本海側は雪の降る量(降雪量)が多くなりそう

本日(25日)、気象庁から向こう3か月間の予報が発表されました。12月から2月にかけての3か月間の気温は、西日本(近畿、中国、四国、九州)は平年より低く、東日本(関東甲信、北陸、東海)や北日本(北海道、東北)で平年並みか低くなる見込みです。一方、日本海側の雪の降る量(降雪量)は、平年並みか多くなる予想。今冬も、寒さが厳しく、日本海側は雪深くなりそうです。

3ヶ月予報(12月~2月)

3ヶ月予報(12月~2月)

各月ごと傾向を見てみると・・・。
★12月
西から寒気が流れ込む予想。
<気温>
寒気の影響を受けやすい西日本(九州、中国、四国、近畿)で、厳しい寒さ(平年より低く)となりそうです。
東日本(東海、北陸、関東甲信)と北日本(東北、北海道)は、ほぼ平年並みで推移するでしょう。
<天候>
西日本の日本海側は、平年に比べて雨や雪の日が多くなる見込みです。
東日本と北日本の日本海側は、平年と同様に雨や雪の降る日が多いでしょう。
一方、太平洋側は、西日本で平年と比べて晴れの日が多くなる見込みです。
★1月と2月
冬型の気圧配置になることが多く、しかも平年より強い冬型に。
全国的に寒気の影響を受ける予想。
<気温>
全国的に、気温は平年並みか低くなりそうです。
<天候>
平年に比べて東日本や西日本は雪や雨の日が多く、北日本は雪の日が多いでしょう。
西日本から北日本の日本海側の雪の降る量(降雪量)は、平年に比べて多く(大雪傾向と)なりそうです。
一方、西日本から北日本の太平洋側は、平年に比べて晴れの日が多いですが、ブルブルとした寒さが多くなるでしょう。
凡例:水色→平年より低い(少ない)/緑→平年並み/橙→平年より高い(多い)

3ヶ月予報(気温と降水量:12月~2月)

3ヶ月予報(気温と降水量:12月~2月)

外部リンク

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング