ゴールデンウィーク 最初の土日の天気

tenki.jp / 2019年4月19日 16時5分

メイン画像

10日間予報ではゴールデンウィーク最初の土日に雨マーク! お出かけには傘が必要な所がありそうです。

GW最初の土日は傘が必要?

画像A

4月も後半となり、そろそろゴールデンウィークの天気が気になる頃ですね。tenki.jpの10日間予報に、ついにゴールデンウィーク最初の土日、27日(土)と28日(日)の天気が表示されました。19日14時発表の予報では、あちらこちらに雨マークがあります。26日(金)は低気圧が発達しながら北日本を通過するとみられ、27日(土)は北海道から北陸で低気圧の影響が残り、雨が降る可能性があります。関東から九州、沖縄は晴れる所が多いですが、低気圧の通過するタイミングが遅れると傘が必要な所が出てくるかもしれません。28日(日)は早くも次の低気圧が西から近づいて、天気が下り坂となるでしょう。

29日以降の天気は?

最新の1か月予報では、来週末から5月はじめにかけては低気圧と高気圧が日本付近を交互に通過するとみられます。ただ、GW中は、北海道から九州では雨が降っても数日に渡って降り続くことはなく、比較的晴れる日が多くなるでしょう。来週には桜前線が津軽海峡を渡って北海道へと上陸し、GW中、北の大地は桜に梅に百花繚乱となる見込みです。お花見を計画する際はtenki.jpの桜開花情報なども参考になさってください。沖縄や奄美は湿った空気の影響を受けやすく、曇りや雨の日が多いでしょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング