日曜も行楽日和 空気が凄く乾いています

tenki.jp / 2019年4月20日 16時50分

メイン画像

21日、日曜日も広く晴れて行楽日和。空気はカラカラなので、火の元をよく確認してからお出かけして。

日曜も眩しい日差し

土曜日に続いて、日曜日も北海道から九州まで日中は晴れる所が多いでしょう。最高気温は西日本で23度前後の所が多くなり、昼間は薄着で過ごせるくらいです。東日本や北日本はほぼ平年並みで、過ごしやすい所が多いでしょう。土曜日は秋田から桜満開の便りが届きましたが、桜が見頃を迎えている所は、お花見を楽しめそうです。なお、日曜日も広い範囲で空気の乾燥した状態が続きますので、火の元をしっかり確認してからお出かけください。バーベキューなど、屋外のレジャーは火の取り扱いに要注意です。

平成最後の4月 カラカラ

土曜日も広く乾燥注意報が発表されていますが、今年の4月は最小湿度が「ひと桁」という日が結構ありました。冒頭の図をご覧ください。19日(金)までに甲府市では最小湿度が10%を下回った日が6回あり、4月6日(土)は4%と4月として1位タイの記録に並びました(甲府市で4月に最小湿度が10%未満の日が6日は、これまでで最も多い)。同じ4月6日は水戸市で7%と、4月として最も低くなりました。また、16日(火)は金沢市で7%、京都市で8%と、ともに4月2位、18日(木)は、旭川市で8%と4月1位など、空気はかなり乾きました。21日(日)は、ここまで低くはなりませんが、空気の乾燥は続くでしょう。※図に掲載した都市以外でも、最小湿度が10%を下回った所はあります。

降水量少なめ

主要都市の最近20日間(3月31日~4月19日)の降水量の平年比は、北海道と関東から九州にかけての太平洋側を中心に平年を下回っています。甲府市では平年の62%、水戸市は68%、名古屋市や京都市で70%を少し超えるくらいです。また、北日本など冬季に積雪が多い地域は、雪がとけて空気が乾燥すると山火事などが起こりやすくなってきます。ご注意ください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング