晴れた夜には星空観察

tenki.jp / 2013年12月4日 21時52分

5日も関東から九州、沖縄は広く晴れるでしょう。最高気温は15度を超える所が多く、昼間はポカポカ陽気。日の入り後は南西の空にひときわ輝く宵の明星・金星が登場。そして、金星が沈む頃には木星や冬の星座がキラキラ。冬の晴れた夜は空から目が離せません。


関東以西は安定した晴天

高気圧に覆われる、関東から九州と沖縄は朝から青空の広がる所が多いでしょう。最高気温は15度を超える所が多く、日差しが心地よく感じられそうです。山沿いを含めて、にわか雨もない見込みです。
夜は各地できれいな星空が望めそうです。望月予報士の記事(関連リンク参照)にもあるように、日没後はひときわ輝く金星を観察できます。金星の沈む19時頃には、東の空からマイナス2.6等級の木星が現れます。圧倒的な存在感で、夜空をにぎわせます。また、冬の大三角形やオリオン座、火星など、楽しみは無限。クリスマスのイルミネーションも素敵ですが、ぜひ夜空を見上げてみてください。


雨や雪の降る所も

一方、北海道と東北は雲が広がりやすいでしょう。北海道の日本海側は午後に雨や雪の降る所がありそうです。東北の日本海側も昼頃から雨が降るでしょう。また、新潟は朝晩を中心に雨が降る見込みです。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング