冬将軍襲来 この冬、最強で最長

tenki.jp / 2013年12月11日 16時38分

今夜はこの冬で一番の強さの寒気が西日本から流れ込んできます。明日は北国だけでなく、西日本でも雪が降るでしょう。寒気は強弱をつけつつ、週末にかけて居座ります。週末は関東にあるアメダス地点の約7割で氷点下まで下がる可能性があるなど、各地で一段と冬らしい寒さとなるでしょう。今季最強の冬将軍は今季一番長い滞在となりそうです。

日本付近の雲のようす

日本付近の雲のようす


寒気の流れ込みは西から

気象衛星の画像を見てみると、朝鮮半島から九州の西の海上と、日本海西部にスジ状の雲があります。これは強い寒気の流れ込みをあらわしています。上空1500メートル付近の寒気はこの冬で一番の強さで、ポイントは西から流れ込むこと。今夜は西日本の平地でも次第に雨から雪に変わる所があり、あすにかけては山陰から近畿北部で雪が降るでしょう。広島など、太平洋側でも雪雲の流れ込む所がある見込みです。
また、あす、秋田の上空5500メートル付近に流れ込む寒気は年に数回程度の強さです。北陸や東北、北海道は日本海側を中心に雪が降り、ふぶく所があるでしょう。山沿いでは大雪となる恐れがあります。

12日の全国の天気

12日の全国の天気


冬将軍は日曜日頃まで居座る

この今季一番の強さをもつ寒気は、強弱をつけつつ、日曜日頃まで居座ります。寒気の底は2回あり、1回目は明日、2回目は金曜日の夜から土曜日の朝となる所が多いでしょう。しかも2回目の方がより強くなります。関東でも週末の朝はアメダス地点の約7割で氷点下まで下がる可能性があります。また、日中は各地とも気温の上がり方が鈍く、土曜日は北海道の約6割で真冬日(最高気温が0度未満)が予想されます。この先は一段と冬らしい寒さとなりそうです。

外部リンク

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング