北海道に大雪警報 東北や北陸も週末にかけて雪が強まる

tenki.jp / 2013年12月12日 16時55分

日本付近には真冬並みの寒気が流れ込み、日本海側では雪の降り方が強まっている。今日午後2時過ぎに北海道の上川地方に大雪警報が発表された。全国で大雪警報が発表されるのは今季初。今夜にかけて雪の降り方が強まる見込み。また、東北の日本海側や北陸でも週末にかけては雪の量が多くなる。(日本気象協会)

12日12時の天気図

12日12時の天気図

日本付近は冬型の気圧配置が強まり、上空に真冬並みの寒気が流れ込んでいるため、北海道から北陸や山陰にかけて雪や雨の降っている所が多い。今日の午後には北海道の上川地方(上川町)に大雪警報が発表された。上川地方では今夜遅くにかけて多い所で50センチの降雪が見込まれる。
また、週末にかけても強い寒気の影響で、日本海側では広く雪が予想されている。特に東北や北陸では降雪が強まる見込み。東北地方であす(13日)午後6時までの24時間に予想される降雪量は多い所で、日本海側の山沿いで60センチ、日本海側の平地と太平洋側の山沿いで40センチとなっている。その後も雪が降り続くため、降雪量は更に多くなる見込み。
気象庁は大雪による交通障害などに注意を呼びかけている。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング