東北や北陸は猛ふぶきや暴風、高波に警戒 大雪の恐れも

tenki.jp / 2013年12月13日 13時11分

東北や北陸では、13日夜にかけて西よりの風が雪を伴って非常に強く吹き、日本海側の海上は大しけとなる見込み。猛吹雪や暴風、高波に警戒が必要だ。また、東北の山沿いを中心に断続的に雪が降り、15日にかけて大雪となる恐れがある。(日本気象協会)

アメダスの風

アメダスの風


秋田市で突風

低気圧が発達しながら東北北部を通過中で、低気圧から延びる寒冷前線が本州を南下している。最大瞬間風速は秋田市で29.8メートル、新潟県佐渡市相川で25.5メートルを観測するなど、全国的に強い風が吹いている。また、日本海側を中心に雪や雨が降っており、13日12時までの24時間に、山形県西川町で47センチ、岩手県雫石町で35センチ、秋田市で31センチの雪が降った。秋田市では12時現在、31センチの雪が積もっており、この時期としては積雪がかなり多くなっている。


交通障害の恐れも

13日夜にかけて、東北の日本海側と北陸では、沿岸を中心に非常に強い風が吹き、雪を伴って猛ふぶきとなる所がある見込み。 13日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北陸地方の海上で22メートル(35メートル)、東北の日本海側の海上と、北陸の陸上で20メートル(30メートル)、東北の日本海側の陸上で16メートル(30メートル)。また、日本海側の海上では波の高さが6メートルの大しけとなる。13日に予想される波の高さは、東北の日本海側と新潟県、石川県で6メートル、福井県5メートル、富山県4メートル、東北の太平洋側3メートルの見込み。
さらに、東北では山沿い中心に断続的に雪が降り、15日にかけて大雪となる見込み。14日12時までに予想される24時間降雪量は、多い所で、日本海側の山沿い60センチ、日本海側の平地と太平洋側の山沿い40センチとなっており、その後もさらに雪の降る量が増える見込み。
気象庁では、暴風や猛ふぶきによる交通障害、高波に警戒するとともに、大雪や着雪、落雷や突風にも注意を呼びかけている。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング