まだまだ続く大雨 水曜から再び強雨エリア広がる

tenki.jp / 2019年7月1日 16時34分

メイン画像

九州は4日頃にかけても非常に激しい雨が降るおそれ。中国、四国から関東も3日から4日は雨が強まりそうです。

梅雨前線はいったん南下

画像A

きのうから、きょう1日(月)にかけて梅雨前線が九州から本州を南下。強い雨のエリアも次第に太平洋側へと移りました。きょう正午の天気図を見ますと、梅雨前線は九州南部から四国沖を通って、関東南岸に延びています。九州は南部を中心に活発な雨雲がかかっており、四国から関東の太平洋沿岸部も雨の降っている所がありますが、前線から離れた山陰から北陸、東北では日差しが届いています。あす2日(火)も梅雨前線は同じような場所に停滞するでしょう。

火曜 九州は局地的に激しい雨

画像B

2日(火)も、九州は広い範囲で雨が降り、朝晩を中心に局地的に激しく降るでしょう。四国も雨雲がかかりやすく、カミナリを伴って雨脚の強まる所もありそうです。中国地方や近畿、東海は昼過ぎにかけて所々で雨が降り、関東甲信も夕方にかけては南部を中心に雨が降るでしょう。北陸は朝まで雨で、日中は曇り空です。東北は晴れ間が出ますが、朝晩はにわか雨がありそうです。北海道は気圧の谷が通過するため、昼頃から所々でにわか雨が雷雨があるでしょう。

水曜~木曜 再び雨エリア拡大 降り方も強まる

画像C

3日(水)から4日(木)にかけては梅雨前線が西から再び北上し、前線上の低気圧が本州付近を東進します。九州は南部を中心に断続的に激しい雨が降り、局地的には非常に激しい雨が数時間降り続くおそれがあります。すでに土砂災害の危険度が高まっているところへ、さらに大量の雨が降ると予想され、新たな災害がいつ発生してもおかしくありません。雨の降り方が小康状態となる、あすの日中のうちに避難するなど、早めの対策が必要です。
中国、四国から関東もあちらこちらに発達した雨雲がかかって、雨が強まるでしょう。前線の活動や位置によっては大雨となるおそれもあります。さらに梅雨前線は週末にかけても本州付近に停滞するとみられ、大雨が長く続くことが考えられます。梅雨前線や低気圧の動きは予想にばらつきがありますので、新しい情報を確認してください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング