甲府で初雪・初積雪 関東甲信は路面凍結など注意

tenki.jp / 2013年12月18日 23時7分

18日の昼頃から関東甲信を中心に雪や雨が降っており、夜は甲府で初雪を観測。午後10時現在の積雪は河口湖で13センチ、甲府で1センチ。19日の朝にかけても関東や山梨県では広い範囲で雪が降り、積雪の増える所がある。(日本気象協会)

18日午後6時の天気図

18日午後6時の天気図

前線を伴った低気圧が本州の南の海上を進んでいるため、関東甲信では18日の昼頃から雪や雨の降っている所が多い。18日の夕方には宇都宮で、夜には甲府でそれぞれ初雪を観測(宇都宮は平年と同じ、甲府は平年より6日早い)。また、午後10時現在の積雪は河口湖で13センチ、甲府は1センチといずれも今季初の積雪に。長野県の諏訪でも7センチの積雪となっている。

19日の朝にかけても低気圧の影響を受けるため、関東甲信では雪の降る所が多い。20日午前0時までの24時間に予想される降雪量はいずれも多い所で、甲信地方や関東北部の山沿いで25センチ、関東北部の平野部で5センチ、箱根や多摩から秩父で10センチの見込み。
山沿いを中心に積雪がいっそう増えるため、気象庁は交通機関の乱れや路面の凍結、電線や樹木への着雪などに注意を呼びかけている。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング