九州・四国・中国に発達した雨雲 近畿~関東でも雷雨

tenki.jp / 2019年7月21日 8時28分

メイン画像

21日(日)、九州、四国、中国地方では、局地的に非常に激しい雨が降り、大雨の恐れ。近畿から関東も所々で雨や雷雨。台風5号は日本海へ進み、夜までに温帯低気圧に変わる見込み。

九州北部で1時間に80ミリ以上の雨

画像A

21日(日)、九州付近では、高気圧の縁を回る暖かく湿った空気と、台風に向かって流れ込む暖かく湿った空気が合流しています。九州北部には発達した雲がかかり、午前5時50分までの1時間に福岡県久留米市付近や佐賀県鳥栖市、みやけ町付近で約110ミリの猛烈な雨が降ったとみられます。

暖かく湿った空気の流れ込み続く 本州にも

画像B

台風5号は日本海へ進み、夜までに温帯低気圧に変わる見込みです。九州付近には、暖かく湿った空気の流れ込みが続くでしょう。本州付近にも、梅雨前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込む見込みです。

九州・四国・中国地方 夕方にかけて非常に激しい雨

画像C

九州、四国、中国地方には、次々に発達した雨雲がかかるでしょう。夕方にかけて局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる恐れがあります。22日午前6時までの24時間に予想される雨量は、九州北部地方、四国地方で、多い所で150ミリ、九州南部で120ミリ、中国地方で100ミリです。
降り始めからの雨量が、長崎県対馬市厳原、宮崎県延岡市北方、大分県佐伯市宇目で400ミリを超えるなど、既に大雨になっており、地盤の緩んでいる所があります。土砂災害に厳重に警戒して下さい。低い土地の浸水、河川の増水や氾濫にも警戒が必要です。また、発達した積乱雲の下では竜巻などの激しい突風が吹くことがあります。ご注意下さい。
沖縄は、昼過ぎまで断続的に雨が降る見込みです。

近海~関東 所々で雨や雷雨

近畿や東海は、昼過ぎから局地的に雷が鳴り、ザーッと強い雨が降るでしょう。関東も午後を中心に所々で雨や雷雨がある見込みです。傘をさしていても濡れてしまうくらいの雨が降る所もあるでしょう。急な雨や落雷にご注意下さい。
梅雨前線の活動は、活発になることはない見込みです。北陸と東北南部はにわか雨の所があるでしょう。雨が強く降る所は、東北南部の太平洋側の一部に限られそうです。
東北北部と北海道は晴れ間が出る見込みです。

日中の気温 九州~関東、東北の日本海側は30度前後 湿度高め

画像E

日中の気温は、沖縄は30度くらいまで上がるでしょう。九州から関東、東北の日本海側の最高気温は、30度前後の所が多い予想です。湿度が高く、蒸し暑いでしょう。熱中症や食品の管理にお気をつけ下さい。東北の太平洋側は、24度前後の所が多いですが、内陸では30度近くまで上がる所があるでしょう。北海道は、25度から27度くらいの所が多く、内陸では30度近くまで上がる所がある見込みです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング