台風接近 関東・東海は梅雨明け前の最後の試練

tenki.jp / 2019年7月25日 16時45分

メイン画像

南の海上にある熱帯低気圧が今後24時間以内に台風に発達する見込み。これから28日日曜日ごろにかけて東日本太平洋側に接近し、大雨や荒れた天気をもたらす可能性が高くなっています。今後の情報に要注意です。

熱帯低気圧 午後3時最新情報

25日午後3時現在、父島の西約480kmに熱帯低気圧があります。中心の気圧は1004hPa、中心付近の最大風速は15m/sで、北へ15kmの速さで進んでいます。まだ、台風ではないため、予想進路などは正確な表現されませんが、日本付近に張り出している高気圧が進路を形成します。あす午前9時の予想天気図を見ると、台風は高気圧の縁に沿って北上するとみられます。

26日(金)全国の天気

画像B

◆26日の天気
台風本体の影響は、27日土曜日が中心ですが、アウターバンド(台風の外側の雨雲)がかかる東海と関東は、あす26日の午後から次第に雨となりそうです。伊豆諸島では風も強まり、海上ではうねりを伴ってしけてくる予想です。そのほか、沖縄や九州から近畿、北陸は、夏空が広がるでしょう。午後は山沿いで雨雲が湧いてきて、平野部でもにわか雨が雷雨の所がありそうです。東北と北海道は雲の多い天気で、所々雨が降りそうです。
◆26日の最高気温
全国的に30度以上の所が多く、福井や豊岡(兵庫)など日本海側では35度以上の猛暑日になる所がありそうです。

東北・関東・東海の梅雨明けは“台風次第"

画像C

週間予報をご覧ください。仙台・東京・名古屋は28日日曜日にかけて曇りや雨が並んでいますが、これは台風の影響によるものです。そのあと、29日以降の予報を見ると、各地とも晴れマークがズラッと並びます。台風が離れたあとは太平洋高気圧の勢力が強まるためで、ここが東北や関東甲信、東海地方の梅雨明けのタイミングとなりそうです。特に名古屋では天気が回復して早々に猛烈な暑さになる可能性がありますので、熱中症に要警戒です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング