東海 あすは真夏日に迫る所も

tenki.jp / 2018年4月30日 15時52分

メイン画像

あすは、日中は多少薄雲が出る程度で安定した晴天が続きます。気温はさらに高くなり、内陸部では真夏日に迫る所が多くなりそうです。

あすは東海地方全体で晴れの一日

画像A

あす5月1日(火)は、南海上にある移動性高気圧に覆われる見込みです。上空高い所の薄雲が多少出るくらいで、青空が多いでしょう。日差しが力強くなっているので、紫外線対策は万全にしてください。また、空気が乾燥しますので、火の取り扱いに注意してください。

気温上昇 カラッとした暑さに

画像B

あすの最高気温は、名古屋・岐阜で29℃、津・静岡で25℃の予想です。全般に最高気温が25℃以上の夏日になり、内陸部では30℃以上の真夏日に迫る所が多い見込みです。気温の上がりやすい岐阜県多治見市などでは、実際に真夏日になる可能性もあるでしょう。水分補給をこまめにするなど、熱中症対策を万全にしてください。ただ、湿度が低いためカラッとした暑さになりそうです。日陰に入ると暑さが和らぎ、風が心地よく感じるため、休憩時は日陰に入るようにしましょう。

4日は急な雨に注意 気温変化も大きい

画像C

あさって2日(水)から3日(木)にかけては、低気圧が発達しながら本州付近を進むため、天気が崩れます。雨脚が強まり、荒れた天気になるおそれもあるでしょう。4日(金)は天気が回復しますが、山あいでは天気マークにない急な雨に注意が必要です。5日(土)と6日(日)は、安定した晴天でお出かけ日和になるでしょう。ただ、低気圧が冷たい空気を運んでくるため、ゴールデンウィーク後半戦は日々の気温の変化が非常に大きくなりそうです。お出かけ先の天気や気温をしっかりチェックして、お出かけの日程や服装を決めるようにしてください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング