週間 台風8号九州に上陸へ 台風は次々と日本付近に

tenki.jp / 2019年8月5日 11時43分

メイン画像

台風8号は、6日(火)にかけて九州に上陸の恐れ。台風9号は、7日(水)から9日(金)頃に南西諸島近海を北上する見込み。週末は、広く曇りや雨。

あすの天気 台風8号は九州に上陸の恐れ

画像A

台風8号は、6日(火)にかけて九州に上陸する恐れがあります。九州は明け方にかけて、急に風や雨が強まるでしょう。また、平常時の潮位が年間でも高い時期で、台風の接近に伴い潮位が高くなる恐れがあります。台風8号は足早に九州を抜ける見込みですが、台風通過後も太平洋側を中心に暖かく湿った空気が流れ込むため、雨が降りやすい状態が続くでしょう。降り始めからの雨量が多くなる恐れがあります。四国や近畿の太平洋側でも発達した雨雲がかかる所がある見込みです。今後、最新の台風情報、気象情報をご確認下さい。
東北南部付近では、午後は大気の状態が非常に不安定になる見込みです。東海や北陸、関東の山では雲が発達し、雷を伴って雨が激しく降る所があるでしょう。

画像B

マリアナ諸島近海で、熱帯低気圧が発生しました。この熱帯低気圧が台風にまで発達するかは、まだわかりませんが、今後の動きに注意が必要です。

あさって以降 台風8号から変わる低気圧は北海道へ 台風9号は強い台風に

画像C

台風8号は、九州を通過後、朝鮮半島付近を通り、日本海に達するまでに熱帯低気圧に変わる見込みです。台風から変わった低気圧は、9日(金)から10日(土)頃に北海道付近を通過するでしょう。北海道には広く雨雲がかかり、本格的な雨になる所がある見込みです。

画像D

台風9号は今後、発達しながら北上し、強い台風となる予想です。7日(水)から9日(金)頃にかけて、沖縄や奄美では台風9号の動向によっては、大荒れや大しけとなる恐れがあります。速度が比較的遅い台風で、影響が長引くことが考えられます。

本州付近に張り出している太平洋高気圧は、9日(金)以降は日本の東へ後退し、週末は本州でも雨が降るでしょう。予報には、まだ幅ががありますので、最新の気象情報をご確認下さい。気温の予想にも幅があり、今後も広く猛暑となる可能性があります。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング