22日も全国的に大気不安定 秋雨前線と台風の動向は

tenki.jp / 2019年8月21日 19時20分

メイン画像

22日も秋雨前線が停滞。前線と湿った空気の影響で、東日本を中心に、全国的に急な雨や雷雨に注意が必要です。

秋雨前線は22日も停滞 東日本を中心に急な雨や雷雨

あす22日も、きょう21日のような天気や気温の所が多くなりそうです。
22日も秋雨前線が日本付近に停滞します。前線や湿った空気の影響で、21日に引き続き、すっきりしない天気のところが多く、特に東日本を中心に大気が不安定で、局地的に激しい雨や雷雨となるでしょう。
また、東日本以外のエリアでも、湿った空気の影響を受けやすく、九州や沖縄地方は日差しのある時間帯もあるものの、各地とも所により雨や雷雨の可能性があります。
どのエリアにお住まいの方も、傘があると安心です。

画像B

【急な雨や雷雨に注意が必要なエリア】
<22日朝>
22日の朝に注意が必要なエリアは、北陸地方と関東地方北部です。特に、明け方にかけて1時間に30ミリ以上の激しい雨や雷雨となる所があるでしょう。
局地的に、1時間に50ミリの滝のような雨が降る可能性もあります。
土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒し、落雷、竜巻などの激しい突風に注意が必要です。

画像C

<22日午後>
午後になると、大気が不安定なエリアが広がり、東日本を中心に全国のあちらこちらで局地的に雨雲・雷雲が発達するでしょう。雨雲が発達しやすい状態は、昼過ぎから夜遅くにかけて続くでしょう。きょう21日と同じように、突然、激しい雨が降り出したり、雷が鳴り出したりする可能性がありますので、午後の外出や帰宅時には注意が必要です。

画像D

なお、22日夜になると日本海の秋雨前線上に低気圧が発生し、東に進み出します。24日には日本の東海上に抜けて、大気の不安定な状態も次第に解消していくと予想されます。

気になる台風11号の影響は?

画像E

21日午後3時に、フィリピンの東で台風11号「バイルー」が発生しました。この台風は、今のところ大陸方面に向かうと予想されています。
沖縄地方や先島諸島では、23日からうねりを伴う高波に注意して下さい。また、先島諸島では、23日から強風にも注意が必要です。それ以外のエリアには、今のところ大きな影響はないと予想されますが、台風の進路によっては影響範囲が変わる可能性がありますので、最新の情報を確認するようにしましょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング