土砂災害に警戒 落雷にも注意! 東北

tenki.jp / 2019年8月23日 12時44分

メイン画像

23日(金)の東北地方は、大気の状態が非常に不安定で、午後も雷雨になる所があります。特に23日(金)午前中にかけて雨量が多くなった地域では、土砂災害に警戒してください。

100ミリ近い大雨で地盤緩む

画像A

23日(金)は、前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいる影響で、東北地方では大気の状態が非常に不安定になっています。特に明け方にかけて日本海側を中心に、発達した雨雲がかかり、24時間雨量は、青森県下北郡東通村小田野沢で100ミリ近く、青森県弘前市や秋田県山本郡八峰町八森で90ミリ近い大雨になっています。

大気不安定 土砂災害に警戒

東北北部の上空5500メートル付近には、マイナス9度以下の寒気が徐々に流れ込んでくる予想です。このため、23日(金)午後も雷雲が発達して、一旦、雨が止んでいても、天気の急変には注意が必要です。落雷や突風などにご注意ください。また、これまでに雨量が多くなっている地域では土砂災害などの危険が高まります。
【青森県】
下北、三八上北は23日夕方にかけて土砂災害に警戒し、津軽は23日夜遅くにかけて注意してください。また、県内全域で、浸水や洪水にも注意が必要です。
【秋田県】
23日夕方にかけて土砂災害に警戒し、河川の増水に注意が必要です。

週末は夏と秋が同居?

24日(土)と25日(日)は、晴れる所が多くなりそうです。ただ、上空に寒気を伴った気圧の谷がゆっくりと通過するため、大気の状態が不安定で、山沿いを中心に、にわか雨や雷雨になるところがあるでしょう。
きょうは二十四節気「処暑」で暑さが収まる頃ですが、24日(土)の最高気温は30度前後の所が多い予想です。東北地方の小・中学校では、夏休み最後の週末となる地域もありますが、お出かけには、こまめな水分補給など熱中症対策を心がけましょう。25日(日)は、太平洋側沿岸北部を中心に、最高気温は25度以下、最低気温も20度以下になるところがあり、秋の気配を感じられそうです。朝晩の涼しさで風邪など引かないようにお気をつけください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング