夏(6月~8月)の天候のまとめ

tenki.jp / 2019年9月3日 12時52分

メイン画像

気象庁は2019年の「夏(6月~8月)の天候」の特徴を発表しました。2019年の梅雨入り、梅雨明けの時期も再検討され、確定しました。

梅雨入り、梅雨明けの確定

梅雨入り、梅雨明けの時期は、秋に再検討されます。きのう(2日)、確定値が発表されており、確定値は上の表の通りです。見直しにより、沖縄の梅雨明けは1951年以降で最も遅い梅雨明けとなりました。

夏の天候まとめ

画像B

【梅雨の時期】梅雨前線の北上が平年より遅かったため、梅雨明けは平年より遅れた地方が多くなりました。
【夏の気温】暖かい空気に覆われる時期が多かった北日本および沖縄・奄美と、7月末から8月前半にかけて太平洋高気圧に覆われて晴れて厳しい暑さが続いた東日本では、夏の気温は高くなりました。
【夏の降水量】8月後半は低気圧や前線の影響を受けやすくなりました。西日本を中心にたびたび大雨となり、西日本太平洋側の夏の降水量はかなり多く、東日本太平洋側と西日本日本海側の降水量は多くなりました。
【夏の日照時間】東日本太平洋側と西日本の夏の日照時間は少なくなりました。沖縄・奄美も梅雨前線や台風および湿った空気の影響を受けやすかったため、夏の降水量はかなり多く、夏の日照時間はかなり少なくなりました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング