5日 非常に強い台風13号 先島諸島に昼ごろ最接近

tenki.jp / 2019年9月5日 6時31分

メイン画像

5日(木)は、非常に強い台風13号は、昼前から昼過ぎにかけて先島諸島にかなり接近する見込み。暴風や高波、高潮に厳重警戒。最大級の大雨となる恐れも。

台風13号 非常に強い勢力で先島諸島へ

画像A

5日(木)午前5時現在、非常に強い台風13号は、風速25メートル以上の暴風域を伴っており、宮古島の南を時速10キロで北上しています。中心の気圧は950ヘクトパスカル。
今後も勢力を維持したまま北上し、昼前から昼過ぎにかけて先島諸島にかなり接近する見込みです。沖縄本島地方には夜遅くから6日(金)未明にかけて最も接近するでしょう。
【暴風・強風】
5日未明から明け方に、宮古島地方や八重山地方、沖縄本島地方で最大瞬間風速20メートル以上を観測している所があります。台風13号は動きが遅いのが特徴です。このため、暴風が長い時間続く恐れがあります。厳重に警戒して下さい。予想される最大瞬間風速は、宮古島地方60メートル、電柱や街灯が倒れることがあるほどの風です。石垣島地方や久米島、本島中南部・本島北部35メートル、看板が落下、飛散するほどの風です。
【大雨】
先島諸島では、多い所で1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る見込みで、警報級の大雨となる恐れがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意して下さい。
【高波・高潮】
先島諸島では、大しけとなっており、宮古島地方では昼前から猛烈にしけるでしょう。うねりを伴った高波に厳重に警戒して下さい。予想される波の高さは、宮古島地方10メートル、久米島9メートル、本島北部・本島中南部8メートル、八重山地方6メートルです。
沖縄本島地方と宮古島地方では、台風の接近に伴って潮位が高くなる見込みです。潮位が堤防を越えなくても潮位が高い中で高波があると、波が海岸堤防を越えて浸水する恐れがあります。予想される最高潮位(標高)は、久米島5日夕方から6日朝まで2.5メートル、宮古島地方5日夕方から6日未明まで2.0メートル、本島中南部・本島北部5日夜遅くから6日未明まで1.3メートルです。

九州~東海・北陸 大気の状態が不安定

画像B

日本海に延びる秋雨前線は、やや北上するでしょう。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込みます。九州から東海、北陸は大気の状態が不安定になるでしょう。関東から北海道には、東の海上から湿った空気が流れ込む見込みです。

三重県では土砂災害に厳重警戒

東海では、三重県四日市市山城で午前0時50分までの1時間に121ミリの雨が降ったとみられ、記録的短時間大雨情報が発表されました。三重県北部では9月の平年の降水量のおよそ2倍の降水量を解析している所があり、過去の重大な土砂災害や洪水災害の発生時に匹敵する極めて危険な状態になっています。昼前にかけて土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒して下さい。

きょうの天気

画像D

九州、四国、中国地方、近畿、東海、北陸は、晴れ間がありますが、天気の急変に注意が必要です。午後を中心にあちらこちらで雨雲やカミナリ雲が湧く見込みです。雨は激しく降る所があり、道路が冠水することもあるでしょう。特に、九州や四国の太平洋側では、発達した雨雲がかかり続け、雨量が多くなることが考えられます。ご注意下さい。
関東や東北南部は、雲が多く、にわか雨の所がある見込みです。東北北部は、昼前後を中心に雨雲がかかるでしょう。北海道は、晴れる見込みです。ただ、道南では夜遅くに雨雲やカミナリ雲がかかるでしょう。

きょうの予想気温

最高気温は、沖縄、九州から東海は、30度から33度くらいの所が多い予想です。夜になっても気温は25度くらいまでしか下がらない所が多い見込みです。熱中症にご注意下さい。
関東は28度前後の予想で、ほぼ平年並みの所が多いでしょう。東北と北海道は25度から27度くらいの所が多い予想です。北海道では、夜は内陸で気温が15度くらいまで下がるでしょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング