強い台風15号 関東や東海に接近 深夜の上陸か

tenki.jp / 2019年9月8日 5時14分

メイン画像

強い台風15号は、8日夜遅くには関東南部や伊豆半島付近に接近し、上陸する可能性が高くなっています。台風の接近に伴って関東から東海は、急に雨や風が強まりますので、早め早めの備えが必要です。

台風15号 関東や東海に

強い台風15号「ファクサイ」は、午前3時現在八丈島の南約330キロにあって、毎時30キロメートルの速さで北上を続けています。中心付近の最大風速 40メートル、最大瞬間風速は 60メートルで、半径90キロ以内では風速25メートル以上の暴風域に、また中心の東側280キロ以内と西側190キロ以内では風速15メートル以上の強風域 になっています。台風15号は、強い勢力を維持したまま、きょう午後には伊豆諸島の西を通過したあと、今夜には、東海地方に接近するとともに、関東南部の沿岸にかなり接近し、上陸するおそれがあります。

急に強まる雨や風

台風の周辺部の雨雲は、関東や東海からは遠く離れた海上に点在していますが、アウターバンドと呼ばれる台風の外側の雲は、午後にも陸地にかかる見込みです。さらに、暴風域や強風域が比較的コンパクトなことから、台風の接近につれて、急に風が強まり雨が強まることになりそうです。
台風の進路にあたる関東や東海では、夜の接近・上陸・通過になりますので、明るいうちに暴風や土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水、高波に対する、警戒(備え)が必要です。
家の周りやベランダなどに飛ばされやすいものがないかどうか。避難するならどこが安全に移動できるか。停電に備えて懐中電灯や電池は十分かなども、是非確認しておきましょう。

暴風、高波、大雨の予想

★暴風:9日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、伊豆諸島と関東地方で40メートル(60メートル)、東海地方で35メートル(50メートル)、東北地方で30メートル(45メートル)です。
★高波:9日にかけて予想される波の高さは、伊豆諸島で10メートル、関東地方で9メートル、東海地方で8メートル、東北地方で7メートルです。
★降水量:9日6時までに予想される24時間降水量は、関東甲信地方と東海地方で300ミリ、伊豆諸島で200ミリ、その後、10日6時までに予想される24時間降水量は、東北地方と関東甲信地方で50から100ミリです。
★高潮:台風の接近に伴って、伊豆諸島の海岸では潮位の高くなる所がある見込みです。伊豆諸島の海岸や河口付近の低い土地では、高潮による浸水や冠水に、ご注意ください。
(追記)文章の一部を修正し、加筆いたしました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング