11日 所々で雨や雷雨 前線通過で非常に激しい雨も

tenki.jp / 2019年9月11日 6時44分

メイン画像

11日(水)は、午後を中心に大気の状態が不安定となり、所々で激しい雨や雷雨。関東北部や東北南部では、前線や低気圧の通過に伴って、非常に激しい雨が降り、大雨の恐れ。

大気の状態が非常に不安定

画像A

11日(水)は、日本海に延びる前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み、午後を中心に広く大気の状態が非常に不安定になるでしょう。また、北海道には上空の気圧の谷が近づく見込みです。日本海にある前線上の低気圧は発達しながら、寒冷前線を伴って東北付近を通過するでしょう。低気圧や前線付近となる東北南部や関東北部では、大気の状態がさらに不安定になる見込みです。

きょう11日(水)の天気

沖縄は一日を通して晴れる見込みです。
九州、四国、近畿の太平洋側、東海は、変わりやすい天気です。晴れ間が出ますが、午後を中心に所々でカミナリが鳴り、雨が激しく降るでしょう。急に空が暗くなったり、冷たい風が吹いたら、天気急変の前触れです。ご注意下さい。
中国地方、近畿の日本海側は、昼頃から夕方を中心に雨雲がかかる見込みです。局地的にカミナリを伴って、傘を差していても濡れてしまうくらいの雨が降るでしょう。
北陸は、断続的に雨が降る見込みです。特に発達した雨雲がかかるのは、昼頃から夕方にかけてで、カミナリが鳴り、激しい雨が降るでしょう。

関東甲信は、あちらこちらで雨や雷雨で、昼頃からは雨が激しく降る所がある見込みです。特に発達した雨雲がかかるのは関東北部です。局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るでしょう。このような雨が降ると、側溝があふれたり、マンホールから水が噴出するようなことがあり、車の運転などが危険な場合があります。
東北は、日中を中心にカミナリが鳴り、雨が降るでしょう。雨は弱まったり、止むことがありますが、南部を中心に昼前から夜のはじめ頃は、局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る所がある見込みです。かけ崩れ、山崩れなどの恐れがありますので、危険の場所には近づかない下さい。
関東北部と東北南部では、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に警戒が必要です。
※カミナリ雲の下では、竜巻などの激しい突風が吹くことがあります。発達した積乱雲が近づく兆しがある場合は、頑丈な建物など、安全な場所に移動して下さい。

北海道は、雲に覆われて、昼過ぎから雨雲がかかる見込みです。夜は道北でカミナリが鳴る所があるでしょう。

きょう11日(水)の予想気温

最高気温は、沖縄、九州、四国、山陽、近畿は33度から35度くらいの所が多い予想です。きのう(10日)と同じくらいで、真夏の暑さでしょう。東海はきのうより低くなりますが、それでも33度前後の所が多い予想です。夜になっても気温は25度くらいまでしか下がらない所が多い見込みです。冷房を使用するなど、熱中症対策が必要です。
山陰から北陸は28度から30度くらい、関東は32度くらいの所が多い予想です。きのうより低くなる所が多いですが、厳しい暑さでしょう。
東北は26度くらい、北海道は23度くらいの所が多く、きのうより8度ほど低くなる所がある予想です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング