雪弱まるも、寒中らしい寒さ続く

tenki.jp / 2014年1月5日 22時28分

6日(月)は、寒気が南下し、冬型の気圧配置が一時的に強まるでしょう。北海道や東北の日本海側、北陸では午前中を中心に雪となり、降り方が強まる所もある見込みです。ただ、午後には寒気が日本の東の海上へ抜けるため、雪は次第に弱まってくるでしょう。7日(火)は、高気圧が日本付近を緩やかに覆う見込みです。これらの地方も天気が回復して、全国的に日中は晴れ間が出るでしょう。気温は、6日(月)も、朝・日中ともに低く厳しい寒さとなるでしょう。7日(火)は、朝は冷えますが、日中は少し上向きそうです。

6日午前9時と7日午前9時の予想天気図

6日午前9時と7日午前9時の予想天気図

6日の天気と7日の天気

6日の天気と7日の天気


天気の変化早く

7日(火)にかけて、北陸から北の日本海側の地方も含め晴れマークが増える一方、鹿児島は午後から早々と雨が降りだしそうです。日本付近を覆う高気圧の動きが早く、8日(水)には日本の東の海上へ離れ、次の低気圧や前線が近づいてくるためです。8日(水)は広い範囲で雨(東北や北海道は雪)となるでしょう。9日(木)は、次の強烈な寒気の流れ込み~居座りで、日本海側を中心に荒れた天気となり大雪となるおそれがあります。

6日の気温と7日の気温

6日の気温と7日の気温

7日(火)にかけて、朝の気温は低く各地で厳しい冷え込みになるでしょう。日中の気温は、6日(月)よりも7日(火)と、(西ほど)少し上向きの予想です。6日(月)から仕事始めというみなさんが多いかと思います。完全防寒で出勤しましょう。気温は、8日(水)をピークとして9日(木)から急降下します。体調を崩さないようお気をつけください。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング