台風17号 3連休最終日にも影響

tenki.jp / 2019年9月22日 18時12分

メイン画像

台風17号が東シナ海を北上中。今夜には暴風域を伴って、九州北部や中国地方にかなり接近。また、台風の北上に伴って、前線も北上し、本州付近で活動が活発。広い範囲で大雨や暴風、高波に警戒。交通機関に影響が拡大するおそれも。

日本列島 広い範囲で 大雨警戒

画像A

台風17号は、今夜に対馬海峡を通過した後は、勢力を保ったまま日本海を北東へ進む見込みです。あす23日(月:秋分の日)の夜までには、温帯低気圧に変わり、北日本に接近するでしょう。あす23日(月:秋分の日)は西日本から北日本の広い範囲で、台風本体の発達した雨雲や台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込む見込みです。このため、局地的にカミナリを伴った激しい雨や非常に激しい雨が降り、大雨になるおそれがあります。
あす23日午後6時までに予想される雨の量(多い所)
四国で300ミリ
東海で200ミリ
九州北部で180ミリ
中国、近畿で150ミリ
さらに、あさって24日午後6時までに予想される雨の量(多い所)
九州北部、東海、北陸、東北、北海道で50~100ミリ
土砂災害や河川の増水などに警戒が必要です。

強い風 吹き荒れる 日本列島

画像B

今夜には台風が暴風域を伴って、九州北部や中国地方にかなり接近するおそれがあります。台風の北上に伴い、あす23日(月:秋分の日)にかけて西日本から北日本の広い範囲で非常に強い風が吹き、局地的に猛烈な風が吹く見込みです。台風の中心から離れた東側の地域を中心に、暴風が吹き荒れるでしょう。
予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
九州北部、中国で30メートル(45メートル)
九州南部、近畿、北陸、東北、北海道で25メートル(35メートル)
四国で23メートル(35メートル)
奄美で18メートル(30メートル)
千葉県など先の台風15号の被害を受けた所でも風が強まり、新たな被害が発生するおそれがありますので、警戒が必要です。

海上では 大しけ 高潮や塩害に注意

画像C

九州の西の海上では、猛烈な風が吹き、猛烈なしけになっている所があります。台風の北上に伴って、あす23日(月:秋分の日)にかけて、西日本から北日本の広い範囲で大しけや猛烈なしけになる所があるでしょう。
予想される波の高さ
九州北部で9メートル
九州南部で8メートル
奄美で7メートル
四国、中国、北陸、東北、北海道で6メートル
沖縄、近畿、東海で5メートル
うねりを伴った高波に厳重に警戒してください。
台風はあす23日(月:秋分の日)には日本海を北東へ進み、あすの夜までには温帯低気圧に変わり、北日本に近づくでしょう。あさって24日(水)にかけて、東北や北海道では暴風や大しけが続き、大荒れの天気になるおそれがあります。最新の気象情報にご注意ください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング