九州 荒れた天気 のち 冬の寒さ

tenki.jp / 2016年12月22日 17時0分

きょうの九州は暖かな雨

寒冷前線が南下したきょうの九州は突風や短時間の強い雨など荒れた天気となりました。
きょうは朝から季節はずれの暖かさが続きましたが、あすは一転して冬の寒さが訪れます。
あすは平地ではしぐれの冷たい雨が、山沿いでは雪が舞う所がありそうです。

九州のきょうの雨

九州のきょうの雨


きょうの九州は荒れた天気

きょうの九州は午前中、南から湿った暖かな空気が流れ込んだため、大気の不安定な状態が続きました。
長崎県対馬市厳原ではきょう未明に南の風が26.5m/sと台風並みの強い風が吹きました。
午後からは寒冷前線が通過したため、局地的に1時間に20㍉を超える強い雨が降り、荒れた天気となりました。
また、きょうの最高気温は大分市で平年より12度も高い23.8度まであがり、12月としては観測史上最も高い気温となりました。


あすの祝日は冬の寒さ

あすは西高東低の冬型気圧配置に戻り、九州北部の上空1500m付近には氷点下6度前後の強い寒気が流れ込む見込みです。
あすは北風が強まって沿岸部ではしぐれの冷たい雨が、山では雪が舞う所があるでしょう。
あす日中の気温は九州北部で10度~13度で年末年始の頃の寒さとなるでしょう。きょうより大きく気温が下がりますので、体調管理に特に注意してください。
24日(土)は九州全般に晴れるところが多くなりますが、気温は上がらず、冷たい北風が続くでしょう。
25日(日)は日中晴れて暖かなグリーンクリスマスとなりますが、夜から下り坂へ向かうでしょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング