台風20号 沖縄の南を北上中

tenki.jp / 2019年10月19日 14時12分

メイン画像

台風20号が明日(20日)から明後日(21日)にかけて沖縄地方に接近する恐れ。その後、本州の南に延びる前線を押し上げるような形で北上する見通し。

画像A

台風20号は、きょう19日(土)の正午現在、沖縄の南にあり、時速20キロで北西へ進んでいます。中心の気圧は992ヘクトパスカルです。あす20日(日)にかけても北西へ進みますが、その後は北東へ向きを変えて、あさって21日(月)にかけて沖縄地方に接近する恐れがあります。すでに先島諸島では波が高くなっていますが、きょう19日(土)の夕方からは本島地方も波が高くなり、夜のはじめ頃から先島諸島はシケとなるでしょう。
【予想される波の高さ(いずれもウネリを伴う)】
きょう19日(土)は本島地方で2.5メートル、先島諸島で4メートル
あす20日(日)は本島地方で3メートル、先島諸島で4メートル
なお、先島諸島ではきょう19日(土)の夕方から風が強まる見込みです。
【予想される最大瞬間風速】
きょう19日(土)、あす20日(日)ともに、先島諸島で25メートル
※風に向かって歩けなくなり、転倒する人が出るほどです。
なお、台風20号は本州の南に延びる前線を押し上げるような形で北上する見込みです。このため、あす20日(日)、いったん南へ下がる前線が21日(月)、22日(火)と次第に北上するでしょう。台風周辺の湿った空気が流れ込み続けるため、前線の周辺は雨雲が発達しやすく、九州から関東の太平洋側は雨の降り方が強まる所がある見込みです。また、前線から離れていても、湿った空気の流れ込みで大気の状態が不安定になるため、豪雨の被災地でも雨脚が強まることがあるでしょう。今後も最新の情報でご確認ください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング