2014年春の花粉飛散予測(第3回)

tenki.jp / 2014年1月15日 15時28分

日本気象協会は15日、2014年春の花粉飛散予測(第3回)を発表しました。九州や東海地方は2月上旬、四国や中国、近畿や関東地方は2月中旬に飛散開始となる見込みで、花粉シーズンまで1ヶ月をきっています。対策はお早めに。

2014年のスギ花粉飛散開始予測

2014年のスギ花粉飛散開始予測


花粉の飛び始める時期は?

花粉の飛び始める時期は、九州や東海地方は2月上旬、四国、中国、近畿や関東地方は2月中旬の見込みです。例年並みの所が多いですが、北陸や東北の日本海側は例年より遅いでしょう。
◆花粉の飛散開始の時期はこの時期から春先にかけての気温が影響します。
1月下旬も真冬らしい寒さが続き、2月も全国的に寒気の影響を受けやすい見込みです。3月も北日本と東日本は寒気が流れ込みやすく、気温は平年並みか低いでしょう。この時期の気温が平年より低いと、スギ花粉の飛散開始は遅くなる傾向があり、日本海側で、その傾向が顕著となりそうです。
ただ、寒い日が続いていても急に気温の高くなる日があると、予測よりも早く飛び始めることがありますので、注意が必要です。


花粉の飛ぶ数は?

花粉の飛散数は、九州から近畿地方のほとんどの地域と北海道は例年並みかやや多いですが、東海から東北地方は例年より少ない見込みです。
◆花粉の飛散数は前年の夏の気象条件が大きく影響します。
一般的に気温が高く、日照時間が多く、雨の少ない夏は花粉の花芽が多く形成されるため、次の春は花粉の飛散数が多くなります。昨年の夏は、太平洋側の地域で高温・多照・少雨といった花芽が多くなる条件に当てはまりました。
ただ、花粉の飛散数の多い年と少ない年は交互に現れる傾向があります。昨年は、中国地方から関東は例年の2倍前後となり、今年は大量飛散の翌年にあたります。このため、気象条件が揃った地域でも、花芽調査で例年より花芽が少ない所が確認されています。

花粉の飛散数予測(例年比)

花粉の飛散数予測(例年比)


大量飛散の昨年と比べると?

花粉の飛散数は大量飛散となった昨年に比べると少なくなる地域がほとんどです。九州から東北地方は昨年に比べると、少なく、特に本州の日本海側と関東甲信地方は非常に少ない見込みです。北海道は昨年の飛散数が少なかったため、昨年よりは多くなるでしょう。
今年は昨年に比べると花粉の飛散数は少ない所が多い見込みで、花粉症の方には朗報と言えそうです。ただ、気温が高い日には短期間に集中して多くの花粉が飛ぶ恐れもあります。花粉シーズンが近づいています!花粉症の方は早めの対策を心がけましょう。
tenki.jpの花粉情報(下記リンク)も参考になさって下さい。

花粉飛散数予測(前年比)

花粉飛散数予測(前年比)

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング