福岡 桜のつぼみがピンク色に

tenki.jp / 2017年3月17日 17時14分

福岡管区気象台にあるソメイヨシノの標本木のつぼみがさらに膨らみ、ピンク色になってきました。
日本気象協会による、福岡市の予想開花日は3月22日です。開花までもうまもなくです。

福岡管区気象台(福岡市)のソメイヨシノの標本木  3月17日撮影

福岡管区気象台(福岡市)のソメイヨシノの標本木  3月17日撮影


福岡市 桜のつぼみさらに膨らむ

上の写真は、きょう(3月17日)に撮影した福岡管区気象台にあるソメイヨシノの標本木です。つぼみが大きく膨らみ、ピンク色の部分が見えてきました。
今週末はさらに気温が上がり、ポカポカ陽気になるため、一段とつぼみが成長してくる見込みです。20日「春分の日」は、九州の南海上を通過する低気圧や前線の影響で、暖かい春の雨が降るでしょう。これが桜の開花を促す雨になりそうです。
日本気象協会による福岡市の予想開花日は、全国で最も早い3月22日(平年より1日早い)です。
福岡市は、連休明けにも開花の便りが届きそうです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング