2020年春の花粉飛散予測(第2報)日本気象協会

tenki.jp / 2019年12月5日 13時19分

メイン画像

5日、日本気象協会は2020年春の花粉飛散予測(第2報)を発表。スギ花粉の飛び始めは、全国的に例年並みの予想です。花粉の飛散量は、広い範囲で例年より少なく、九州は非常に少ない見込みとなっています。九州から東海は、前シーズンと比べると、花粉の飛散量は非常に少ない予想ですが、飛散開始前から対策を心がけて。

スギ花粉の飛散開始時期

スギ花粉の飛散開始は、九州から東北まで例年並みとなりそうです。2月上旬に九州や四国、東海、関東地方の一部から花粉シーズンがスタートする見込みです。
2020年の1月は全国的に気温が平年並みか高くなる予想ですが、2月は西日本、東日本、北日本ともに、ほぼ平年並みの気温となるでしょう。冬らしい寒さにより休眠打破が順調に行われて、スギ花粉の飛散開始は各地で例年並みとなる見通しです。
スギ花粉は、飛散開始と認められる前から、わずかな量が飛び始めます。2月上旬に飛散開始が予測される地域では、1月のうちから花粉対策を始めるとよいでしょう。

花粉飛散傾向

画像B

画像C

2020年春の花粉飛散予測は、九州から関東甲信まで例年より少ない見込みです。特に、九州は非常に少なく、中国や近畿でも非常に少ない所があるでしょう。東北はおおむね例年並み、北海道はやや多い予想です。一方、前シーズン比で見ると、九州から東海は、広い範囲で非常に少ない見込みです。関東甲信、北陸も少なくなる予想です。東北は大体前シーズン並みでしょう。北海道と青森では非常に多くなる予想ですが、これは前シーズンの飛散量が例年より非常に少なかったためです。

飛散量の予測根拠

花粉の飛散量は前年夏の気象条件が大きく影響します。気温が高く、日照時間が多く、雨の少ない夏は花芽が多く形成され、翌春の飛散量が多くなるといわれています。
気象データに加え、前シーズンの花粉飛散結果や今後の気温予測などの気象データ、および全国各地の花粉研究会や協力機関からの情報、花芽調査の結果などをふまえて予測しています。
花芽調査では、スギやヒノキなどの植物に詳しい「植物のプロ」や、花粉の研究に長年携わっている学識者の協力を得ながら、その土地の気候や地形を知る「気象のプロ」による定点観測を重視しています。
今年の花芽調査の結果、京都市、滋賀県米原市、東京都青梅市では花芽の数は例年より少ない結果が出ています。

各地方の花粉飛散傾向

画像E

各地方の花粉飛散傾向は、図の通りです。
【花粉の種類について】
北海道はシラカバ、その他はスギ・ヒノキ花粉の飛散量を表します。
【飛散量に関する言葉の説明】
非常に多い     :前シーズン (例年)の200%以上
多い        :前シーズン (例年)の150%以上200%未満
やや多い      :前シーズン (例年)の110%以上150%未満
前シーズン(例年)並 :前シーズン (例年)の90%以上110%未満
やや少ない :前シーズン (例年)の70%以上90%未満
少ない :前シーズン (例年)の50%以上70%未満
非常に少ない :前シーズン (例年)の50%未満
-----------------------------------------------------------
前シーズン  :2019年シーズン飛散量
例年 :過去10年(2010~2019年)の平均値
【2019年夏の気象に関する言葉の説明】
平年 :1981~2010年の平均値
2020年の花粉症対策に向けて、ぜひお役立てください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング