2日 北海道は昼頃まで暴風雪に警戒 北陸は雷雨

tenki.jp / 2020年1月2日 6時19分

メイン画像

2日(木)は、北海道の日本海側は、昼前にかけて猛ふぶきや吹きだまりによる交通への影響に警戒。北陸は雨や雪で、カミナリが鳴る所も。一方、関東から九州は、穏やかに晴れる所が多い。

北海道付近は強い寒気の流れ込み続く

画像A

2日(木)は、日本の東の低気圧は、発達しながら北東へ進む見込みです。北海道付近の寒気の流れ込みは、ピークを過ぎましたが、それでも上空1500メートル付近で氷点下12度以下の強い寒気の流れ込みは続くでしょう。北陸付近は、大気の状態が不安定になる見込みです。本州付近は、大陸から張り出す高気圧に覆われるでしょう。

2日(木) 北海道・東北の天気

北海道には、日本海から雪雲が流れ込む見込みです。日本海側は、昼頃にかけて西風が強く吹き、暴風雪になるでしょう。予想される最大瞬間風速は、石狩北部で30メートルです。猛ふぶきや吹きだまりによる交通への影響に警戒を続けて下さい。太平洋側は晴れますが、西風がやや強く吹くでしょう。東北の日本海側の雪は、昼頃には止む見込みです。太平洋側はおおむね晴れるでしょう。日本海側、太平洋側ともに、昼過ぎにかけて西風がやや強く吹く見込みです。

2日(木) 北陸の天気

北陸は、雨や雪が降ったり止んだりでしょう。午後を中心に所々でカミナリが鳴り、降り方が強まる見込みです。カミナリ雲の下では、突風が吹くことがありますので、ご注意下さい。

2日(木) 関東~九州・沖縄の天気

関東は、昼過ぎから時々雲が広がりますが、大体晴れる見込みです。ただ、北部の山では、朝晩は雪が降る所があるでしょう。風は強く吹くことはない見込みです。東海もおおむね晴れるでしょう。静岡では夕方から西風がやや強く吹く見込みです。
近畿は、日本海側は雲が広がりやすく、一時的に雨や雪が降る所があるでしょう。太平洋側は、多少雲が広がる程度で、日差しがたっぷり届く見込みです。山陰は、晴れたり曇ったりでしょう。山陽、四国、九州は、日中は青空が広がる見込みです。沖縄も大体晴れるでしょう。近畿から九州、沖縄は、風も比較的穏やかです。初詣などに出かけるのによい日和でしょう。

2日(木)の最高気温

最高気温は、きのう(1日)と同じくらいか、やや高い所が多いでしょう。北海道は氷点下3度くらい、東北北部は2度くらいで、真冬並みの所が多い見込みです。東北南部は5度から8度くらい、北陸は8度くらいの所が多いでしょう。関東から九州北部は10度から12度くらいの所が多い見込みです。九州南部では14度から15度くらいでしょう。沖縄は21度くらいの予想です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング