三連休の天気 日曜は曇りや雨 関東は寒中らしい寒さ

tenki.jp / 2020年1月11日 8時42分

メイン画像

東北や北陸では、11日(土)と12日(日)の午後は、雨や雪の降り方が強まるでしょう。12日(日)は、全国的に曇りや雨で、関東では、この時期らしい寒さになる見込みです。

11日(土) 東北や北陸では雨や雪が強まる

画像A

11日(土)は、北日本付近を気圧の谷が通過するでしょう。午後は、東北や北陸を中心に大気の状態が不安定になる見込みです。東シナ海には、低気圧が発生するでしょう。
東北北部や東北南部の日本海側は午後を中心に雪、北陸も雨や雪が降る見込みです。所々で雷が鳴り、降り方が強まるでしょう。北海道の太平洋側にも発達した雪雲がかかる可能性があります。平地でも積雪が急に増えることがあるでしょう。雪による路面状況の変化などに注意が必要です。
晴れる地域は、関東や東海、近畿です。中国地方や四国も日の差す時間帯がある見込みです。
九州は、太平洋側では晴れ間がありますが、雲が広がりやすいでしょう。北部では、所々で雨が降る見込みです。強く降ることはないでしょう。
最高気温は、きのう(10日)と同じくらいの所が多いですが、関東では、きのうより低くなる見込みです。それでも11度前後と、平年よりやや高いでしょう。晴れる地域では、日中は比較的過ごしやすい陽気になりそうです。

12日(日) 関東は冷たい雨に

画像B

12日(日)は、東シナ海で発生する低気圧は、前線を伴って日本の南を東進する見込みです。別の低気圧が日本海に発生し、夜には北陸に近づくでしょう。北陸付近は大気の状態が不安定になる見込みです。
日本の南を東進する低気圧に伴う雨雲は、九州に未明から朝を中心にかかるでしょう。雨雲は次第に東へ移ります。今のところの予想では、低気圧は陸地から離れた所を通り、雨は海上が中心。と思いきや、日本の南で新たな低気圧が発生する見込みです。雨雲は陸地にもかかるでしょう。四国は午前中、近畿の太平洋側は昼前後、東海は昼頃から雨が降る見込みです。関東も、昼過ぎから南部を中心に雨が降るでしょう。
中国地方や近畿の日本海側、北陸には、昼頃から雨雲がかかる見込みです。北陸では山沿いを中心に雪になるでしょう。局地的に雷が鳴り、降り方が強まることがある見込みです。
東北や北海道にも午後を中心に日本海から雪雲が流れ込むでしょう。
最高気温は、平年より高い所が多いですが、九州北部や関東では、ほぼ平年並みの予想です。関東では北部を中心に10度に届かない見込みです。日差しも少なく、寒中らしい寒さになるでしょう。

13日(月)成人の日 天気回復へ 北陸では午前中を中心に雨や雪

画像C

13日(月)は、大陸から日本付近に高気圧が張り出すでしょう。北陸付近は、気圧の谷の影響を受ける見込みです。
九州や四国、近畿、東海、関東は天気は回復し、大体晴れるでしょう。中国地方も晴れ間が出る所が多いですが、山陰では発達した雨雲がかかる所がありそうです。北陸は、朝にかけて発達した雨雲や雪雲がかかるでしょう。雨や雪は、午後は次第に止む見込みです。東北南部も、朝方を中心に雨や雪が降る所があるでしょう。日中は太平洋側で、晴れ間が出る見込みです。東北北部や北海道には、日本海から雪雲が流れ込むでしょう。太平洋側では、日差しが届く見込みです。
最高気温は、四国、中国地方から関東、東北南部では、3月並みの所が多い予想です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング