14日全国 西から雨 東京では記録更新か

tenki.jp / 2020年1月13日 16時23分

メイン画像

あす14日は西から天気が下り坂。夜遅くには関東でも一部で雨が降りそうです。東京都心では今シーズン「初氷」の観測なし。最晩記録更新の可能性が高くなっています。

雨具あると安心

画像A

【沖縄・九州】
沖縄は大体晴れるものの、九州は朝から雲が多いでしょう。昼頃からまとまった雨雲がかかりそうです。雷を伴ってザッと雨脚が強まる所もあるでしょう。
【中国地方】
朝からスッキリしない天気になりそうです。日中はだんだんと雲が厚みを増して、夕方からは雨の所が多いでしょう。山沿いでは気温が低く、一部で雪が降りそうです。
【四国・近畿・東海~関東】
天気がゆっくりと下り坂です。昼頃から雲が増え、夜になると雨の降る所があるでしょう。夜遅い時間ほど雨雲がかかりやすい見込みです。帰宅に備えて、外出には折りたたみ傘があると安心です。
【北陸3県・新潟】
北陸3県は昼前まで、新潟では夜にかけて雨が降りやすいでしょう。ただ、雨の止んでいる時間のほうが長くなりそうです。
【東北】
南部では朝まで、北部は昼頃まで雪の降る所があるでしょう。朝の通勤の際は車の運転など、路面状況の変化に十分注意して下さい。雪がやんだあとも、雲が多いままになりそうです。
【北海道】
太平洋側は広く晴れるでしょう。日本海側は雲が多く、雪の降る所がありそうです。
【最低気温】
きょうよりも低くなる所が多いでしょう。大阪は4度、名古屋は3度、東京は2度くらいきょうより低くなりそうです。ただ、それでも全国的に平年並みか平年より高く、極端に冷え込むことはないでしょう。
【最高気温】
九州から関東にかけては10度を超える所が多くなりそうです。きょうは西日本を中心に風が強く吹きましたが、あすは弱まるでしょう。日中は寒さが和らいで、日差しも暖かく感じられそうです。東北南部もこの時期にしては高いでしょう。北海道はほぼ平年並みの見込みです。

氷張らぬも朝冷える

画像B

東京都心は晴れのマークが並んでいますが、スッキリと晴れる時間は少ない見込みです。午後はだんだん雲が増えるでしょう。ただ、雨の降る可能性は低く、降っても夜遅い時間になりそうです。
東京都心では今シーズン、未だに「初氷」の観測がありません。1919年11月からの統計(気象庁天気相談所資料)によると、これまでで最も遅い記録は2016年(2015年―2016年シーズン)の1月13日です。もし、きょうこのまま24時までに観測がなければ1位タイの記録となります。
そして、あす以降に観測なら1位の記録を更新することになります。あすの東京都心の最低気温は3度の予想。氷が張る可能性は低い見込みで、予想通りなら4シーズンぶりに「初氷」の最晩記録を更新です。
ただ、氷が張らないとしても、朝は霜が降りるほどの寒さになります。暖かい服装でお出かけください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング