東京 昨年の成人の日に匹敵するような大雪の恐れ

tenki.jp / 2014年2月7日 11時36分

東京地方では、8日から9日にかけて雪が断続的に降り続く見込み。2013年1月14日に匹敵するような大雪となる恐れがあり、大雪による交通障害や路面の凍結に警戒が必要だ。(日本気象協会)

8日は、発達する低気圧の影響で、関東地方は平野部も含めて広い範囲で大雪が予想される。東京地方では、8日明け方から雪が降り始め、9日にかけて断続的に降り続く見込み。8日12時までの24時間で予想される雪の降る量は、多い所で、23区5センチ、多摩地域10センチ。その後も雪の量はさらに増える見込み。東京都心では、2013年1月14日の成人の日に8センチの積雪を記録したが、このときに匹敵するような大雪となる恐れがある。気象庁では、大雪による交通障害や路面の凍結に警戒し、着雪に注意するよう、呼びかけている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング