西日本や東日本は平野部も大雪に警戒

tenki.jp / 2014年2月14日 6時6分

西日本や東日本は15日にかけて、東北は15日から16日にかけて広い範囲で雪が降り、山地だけでなく平野部でも大雪となるおそれがある。また、15日にかけて、西日本や東日本は、太平洋側の海上を中心に風が非常に強まり、荒れた天気となる見込み。大雪、暴風や猛ふぶき、高波に警戒が必要だ。(日本気象協会)

15日6時までに予想される雪の降る量(14日6時発表)

15日6時までに予想される雪の降る量(14日6時発表)


雪により交通機関が乱れるおそれ

発達する低気圧の影響で、西日本や東日本は15日にかけて、東北は15日から16日にかけて広い範囲で雪が降る見込み。太平洋側の山地を中心に平野部でも雪が積もり、大雪となるおそれがある。交通障害に警戒が必要だ。また、雪で見通しが悪くなったり、路面が滑りやすくなったりするため、車の運転など、外出の際は細心の注意が必要となる。


暴風や高波にも警戒

14日から15日にかけて、西日本や東日本は、太平洋側の沿岸部を中心に非常に強い風が吹き、15日は東北の太平洋側でも非常に強い風の吹く所がある見込み。15日は、東日本の太平洋側と東北の太平洋側の海は大しけとなる。気象庁は、暴風や猛ふぶき、高波に警戒を呼びかけている。
15日にかけて予想される最大瞬間風速は東海の海上と陸上、関東、東北の太平洋側の海上で35メートル、近畿の海上と陸上、関東、東北の太平洋側の陸上はともに、30メートル。予想される波の高さは、関東、東北の太平洋側で7メートル、東海で6メートル、近畿で5メートルの見込み。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング