関東 雪のピークは夕方から深夜

tenki.jp / 2014年2月14日 9時39分

午前9時現在、関東の広い範囲で雪。都心周辺でも、路面が白くなっています。すでに電車などの交通機関にも影響が出始めています。午後は次第に雪の降り方が強まって、広く積雪となりそうです。また、風も強まり、ふぶく所もある見込みです。

雪や雨、風のピーク

雪や雨、風のピーク


★関東 夕方以降、雪と風が強まる

東京都心では、明け方の4時頃から弱い雪が降り出しました。
そのほか、この時間は関東の広い範囲で雪が降っています。
いま、まだ積もっていない所も、このあとは次第に積雪となります。
広い範囲での雪のピークは「夕方から日付のかわる頃まで」となりそうです。
同時に、風も強まって、ふぶいて見通しが悪くなります。
特に、夜になってから、交通機関への影響が大きくなることが予想されます。
きょうは、早めの帰宅を心がけてください。
あすの午前6時までの24時間に降る雪の量は
いずれも多い所で、
関東南部の平野部で15センチ(東京23区は10センチ)
箱根から多摩地方、秩父地方にかけて40センチ
関東北部の平野部で25センチ
関東北部の山沿いで40センチの見込みです。
先週は東京都心で最大27センチも積もったので、
東京23区で10センチ、というと、たいしたことない…と、お思いになる方もいらっしゃるかもしれません。
ただ、先週の雪と今回の雪には 大きな違いがあります。


★停電への備えを

今回の雪は、「湿った重たい雪」
仮に、先週ほど多く降らなくても、その重みで電線が切れるおそれ。
先週と同じくらいかさらに広い範囲で停電が発生する可能性があります。
できるだけ、明るいうちに懐中電灯を用意しておく、
携帯電話の充電をフルにしておくなど、
備えをしておくと安心です。


★あすの昼頃まで強い風が続く

現段階での予想では、都心を含めて、あすの明け方には雪が雨にかわる所が多い見込みです。
ただ、特に朝は、激しい雨が降るおそれがあります。
雨はあすの午前中いっぱい、さらに風も強く吹きます。
あすの昼頃までは、交通機関の乱れに十分な注意が必要です。
なお、低気圧の進路によっては、雪から雨にかわる時間が遅くなり、さらに積雪が増えるおそれも。
これからあすにかけて、気象情報をこまめにチェックするようにしてください。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング