寒さ和らぐ日曜日 局地的に雷雨 天気の急変に注意

tenki.jp / 2020年3月15日 8時40分

メイン画像

きょう(15日)は日中の寒さが和らぎますが、上空に強い寒気が流れ込むため、大気の状態が不安定に。山陰沖や伊豆諸島付近では、すでに雷雲が発生しています。晴れる九州から関東でも急な雨や雷雨に注意して下さい。

晴れていても 急な雨や雷雨に注意

画像A

きょう(15日)は寒気を伴った低気圧が日本海を進み、夜には東北に近づきます。西日本と東日本の上空5500メートル付近には、マイナス33度以下という強い寒気が流れ込む予想です。大気の状態が非常に不安定になるため、あちらこちらで雷雲にまで発達しそうです。
沖縄は晴れるでしょう。夜は雲が増えますが、天気の崩れはなさそうです。
九州から関東は広く晴れますが、空模様の変化に注意が必要です。
九州から近畿は午後になると雨雲や雷雲が発達して、急にザっと強い雨が降ったり、竜巻などの激しい突風、ヒョウの降るおそれもあります。
東海や関東も降る範囲は狭いですが、所々で雨や雷雨。お出かけの際は折りたたみの傘があると良いでしょう。
北陸は次第に雲が増えて、昼頃からは雨の範囲が広がりそうです。局地的に雷を伴って、降り方が強まるでしょう。また竜巻などの突風の吹くおそれもあります。雷の音が聞こえたら、建物の中など安全な場所に移動して下さい。
東北も夜遅くからは北部で雪、南部も日本海側を中心に雪や雨が降りそうです。
北海道は日差しがありますが、所々で雪が降るでしょう。

この時期らしい陽気に

画像B

最高気温はきのうと同じくらいか高く、平年並みの所がほとんどです。九州から関東、北陸は10度を超えて、朝晩と日中との気温差が大きくなるでしょう。
きのう(14日)極寒だった関東。きのうの東京都心は朝から気温が下がり、最低気温は夕方に観測された1.3度。けさは冷えましたが、陽が昇ってからは気温が順調に上がってきています。日中は日差しの温もりを感じられそうです。
沖縄は朝からあまり気温が上がらず、3月中旬としてはかなりヒンヤリするでしょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング