きょう18日夜 「きぼう」観測のチャンス

tenki.jp / 2020年3月18日 16時16分

メイン画像

きょう18日の20時頃、「きぼう」/国際宇宙ステーション(ISS)を広い範囲で見ることができそうです。観測のポイントや各地の天気をまとめました。

見られる時刻 方向は

国際宇宙ステーション(ISS)は、地上から約400km上空に建設された実験施設。「きぼう」はその中の日本実験棟の名前です。ISSはサッカー場くらいの大きさで、条件が揃えば地上から肉眼で見ることができます。空の高い所(天頂付近)を通る場合は、金星(-4等級)よりも明るく輝きます。
きょうは、北海道や東北では残念ながら見ることができませんが、「北陸や関東から西」の広い範囲で観測できそうです。特に条件が良い(空の比較的高い所まで昇り、より見つけやすい)のは「中国と四国、九州」です。
「19時59分ごろ」に、「西の低い空」で見え始めて、「20時2分ごろ」にかけて少しずつ高度を上げながら進みます。明るい星のような光が、飛行機よりも速めのスピードで、ツーーっと流れるようなイメージです。最も高い位置に昇るときの方角は、図の中に記してあります。場所によって若干ずれますが、西~北北西の空です。「20時2分30秒ごろ」には、見えなくなってしまいます。
なお、望遠鏡などを使うと、視野が限定されてしまうので見逃してしまう可能性があります。肉眼で探すようにしましょう。

今夜の各地の天気

画像B

日本付近は、きょうも高気圧に緩やかに覆われ、広く晴れています。20時ごろにかけても、晴れる所がほとんどです。
ただ、西から延びてきている前線の影響で、沖縄は曇りまたは雨となり、観測にはあいにくとなってしまいそうです。

あす19日夜に観測できる所も

あす19日は、全国的に、南よりの比較的高い空で観測できる条件となっています。
ただ、西から延びる前線や、低気圧の影響で、沖縄や九州から関東、北陸にかけて、夜は雲に覆われ、雨の所が多くなりそうです。
観測できる可能性が高いのは「東北の日本海側」です。東北の太平洋側や北海道は、夜は雲が増えてきますが、雲の間から見られる所もありそうです。
「19時13分30秒ごろ」から南西の低い空で見え始めて、「19時17分ごろ」にかけて少しずつ高度を上げながら東よりに進みます。見えなくなるのは「19時17分30秒ごろ」です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング