来週 気温は上昇 雪崩に注意

tenki.jp / 2014年2月22日 23時4分

真冬のような冷たい空気に覆われている日本列島ですが、来週の中ごろになると気温が上がる見込みです。雪の多い所では、雪崩などに注意が必要です。


来週中ごろから気温上昇

来週前半は高気圧に覆われて晴れる所が多くなるでしょう。週の中ごろになると西日本の南海上に低気圧や前線が発生する見込みで、大阪など西日本の太平洋側では雨の降る所がありそうです。低気圧の進路次第で関東や北陸などでも天気が崩れる可能性がありますが、気温は高めなので雪ではなく雨になるでしょう。
気温は火曜日・水曜日ごろから全国的に高くなり、東京や大阪は約20日ぶりに最高気温が15℃以上の日がある予想。春の兆しを感じられそうです。


積雪の多い所は雪崩などに要注意

記録的な大雪にみまわれた関東甲信地方。内陸を中心に、まだ雪の影響が続いている地域がありますが、気温が上がって雪が緩んだり、とけた雪で水の層ができると、雪崩が起こりやすくなります。南向きで日当たりの良い所は、特に注意が必要です。斜面に亀裂ができるなど雪崩の前兆があるときは、すぐに避難しましょう。屋根に積もった雪が滑り落ちてくることがありますので、軒下を歩く際などは十分に気をつけましょう。
また、2年連続で積雪が1メートルを超えた札幌も、来週は日中の気温が5℃前後で推移する見込みです。北海道から北陸の日本海側の地方でも、来週の中ごろは3月下旬並みの暖かさになるでしょう。雪国のみなさんも、雪崩などには注意が必要です。

外部リンク

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング