積雪の多い所では雪崩に注意 28日頃にかけて気温が上昇

tenki.jp / 2014年2月25日 20時56分

28日頃にかけては、最高気温が全国的に平年より高くなる見込み。積雪の多い所では雪崩や屋根から落ちる雪に注意が必要だ。(日本気象協会)

25日の本州付近は広く晴れて、最高気温は3月中旬から下旬並みとなった。28日頃にかけて、本州付近には南から暖かい空気が入るため、最高気温は全国的に平年より高い状態が続く見込み。25日20時現在、東北から中国地方にかけての山沿いを中心に「なだれ注意報」が発表されている。東北や関東北部の山沿い、甲信地方では2月の記録的な大雪により、平年を大きく上回る積雪となっている所もある。気温の上昇により雪がとけやすくなるため、積雪の多い所では雪崩や屋根から落ちる雪に注意が必要だ。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング