5日は雨だけではなく、強風にも注意

tenki.jp / 2014年3月4日 23時36分

ほぼ全国的に傘の出番です。九州や四国の雨は昼前には止みそうですが、近畿から関東は午後も雨。北陸や東北は雨や雪で、北海道は雪が降るでしょう。また、各地で次第に風が強まり、沿岸部を中心に荒れた天気となりそうです。お仕事の帰り道に、風にあおられそう。骨組みのしっかりした傘を持って出かけると良さそうです。


風が強まる時間帯は・・・

5日は本州の南の海上を低気圧が発達しながら東北東へ進みます。
それとは別の低気圧が、日本海北部を東へ進みます。
この2つの低気圧や前線の影響で、各地で天気が崩れそうです。
九州や四国の雨は昼前には止みそうですが、近畿から関東は午後も雨。
太平洋側の沿岸部では雷を伴い雨脚の強まることもありそうです。
気温が低い朝は、甲信地方など、東日本の内陸や山沿いでは雪になる所もありますが、
日中は雨に変わりそうです。
積雪の多い場所は雪解けが進み、雪崩が発生しやすくなりますので注意が必要です。
北陸や東北は朝晩は雪でも、日中は雨の所が多いでしょう。
北海道は広い範囲で雪が降る見込みです。
また、低気圧が発達するため、各地で次第に風が強まり、沿岸部を中心に荒れた天気となりそうです。
上の図で、風が強まる時間帯を赤い矢印で表示しました。
中国や四国地方は昼前から風が強まりそうです。
近畿から関東は午後から、北陸から北は夜以降です。
お仕事の帰り道、風にあおられそうです。
ビニール傘では役に立ちそうもありません。骨組みのしっかりした傘を持って出かけると良さそうです。


6日以降は冬の天気が戻る

6日~7日は低気圧が日本の東海上で猛烈に発達する見込みです。
日本付近は冬型の気圧配置が強まり、非常に強い寒気が流れ込んできます。
北海道から山陰地方の日本海側は雪になり、ふぶく所もありそうです。
一方、太平洋側は、北海道と東北は雪雲が流れ込み、ふぶく所もあるでしょう。
北海道の東部は大雪の恐れがありますので注意が必要です。
関東から西では大体晴れますが、気温は低く、風が冷たくなるでしょう。
各地で冬の天気に逆戻りです。今年の冬は長いですね! まだまだ厚手の上着が手放せそうにありません!

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング