関東甲信 山沿いで積雪増加

tenki.jp / 2014年3月5日 7時58分

5日の朝は全国的に天気が崩れています。関東甲信は平野部は雨の所がほとんどですが、内陸の山沿いは広く雪で、昨夜から積雪が増えています。河口湖は午前7時現在45センチで、昨夜から14センチの増加。日中は山沿いの雪も次第に雨にかわる見込みです。ただ、午後は沿岸部は雨や風が強まり、東京都心も本降りとなりそうです。お出かけの際は時間に余裕をもって行動してください。

今朝の雨雲、雪雲の様子

今朝の雨雲、雪雲の様子


5日朝は山沿いで積雪が増加

関東甲信地方は昨夜から雨や雪が降り始めました。山沿いでは雪が降っていて、昨夜から今朝7時までに積雪が10センチ前後増えています。
◆山梨県 河口湖:31センチ⇒45センチ
◆群馬県 みなかみ:84センチ⇒91センチ、藤原:129センチ⇒137センチ
◆栃木県 土呂部(どろぶ):71センチ⇒81センチ、奥日光:53センチ⇒68センチ など。
甲府でも6時に雨に雪がまじり、みぞれを観測しました。
このあとは、雪の所も次第に雨に変わり、午後は広い範囲で雨になる見込みです。
ただ、ナダレにはご注意ください。

山梨県の今朝6時の実況天気

山梨県の今朝6時の実況天気


午後は沿岸部を中心に雨や風が強まる

静岡県には発達した雨雲が見られます(赤い表示)。関東地方の沿岸部も午後は暖かい空気と冷たい空気のぶつかりあいで、大気の状態が不安定になる見込みです。横なぐりの強い雨、落雷、突風などに注意が必要です。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング