台湾では「金環日食」 太陽がリング状に!

tenki.jp / 2020年6月21日 17時24分

メイン画像

きょう(21日)夕方、日本では部分日食が見られている所がありますが、台湾では「金環日食」が見られました。

台湾では金環日食

画像A

きょう(21日)、日本では部分日食が見られている所がありますが、台湾では月が太陽の中央部分を覆う「金環日食」が見られました。
上の写真は台湾のWeatherRisk社が台湾の雲林県で撮影したものです。現地時間の16時14分頃に60秒程度と短い時間ですが、太陽がリング状になり、幻想的な姿が見られました。

次の日食は?

次に日本で日食が見られるのは2023年4月20日です。14~15時頃に南西諸島や九州南部、紀伊半島などで部分日食が見られます。その後は2030年6月1日で、この時は北海道で金環日食、全国で部分日食が見られます。
※2020年6月22日10時45分 地名に誤りがあったため、訂正いたしました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング