来週は横綱級の冬将軍 厳寒の12月に

tenki.jp / 2017年12月1日 16時37分

来週は平地にも雪を降らせるような寒気が西日本まで流れ込んできそうです。日本海側は広く雪に。太平洋側も真冬並みの寒さ。その先も寒気が流れ込みやすく、この12月はいつも以上に寒さが厳しくなりそうです。


◆日曜日は寒さ和らぐ所も

この週末はいったん寒さの和らぐ所が多くなります。北海道や東北の日本海側は雪や雨ですが、3日(日)の最高気温は北海道でも5度くらい、東北も10度くらいまで上がりそうです。関東から九州も2日(土)より3日(日)は気温が上がり、最高気温は15度前後の所が多くなるでしょう。日差しにホッとできそうです。
ただ、これも一時的です。


◆西日本まで強い寒気

5日(火)頃からは今季一番の強い寒気が流れ込むでしょう。平地でも雪を降らせるような寒気が西日本まで流れ込む見込みです。北海道や東北の日本海側だけでなく、北陸から山陰の平地でも広く雪が降るでしょう。車は冬の装備で、無理のないようになさって下さい。全国的に寒さも一段と厳しくなりそうです。北海道は広く気温が一日氷点下の真冬日に、東北も最高気温は5度くらいまでしか上がらないでしょう。関東から九州でも10度ほどと、真冬のような寒さになりそうです。万全な寒さ対策をなさって下さい。


◆いつもより寒い12月

最新の長期予報によりますと、12月中旬、下旬も全国的に、気温は平年並みか低い予想です。寒気の流れ込みやすい状況が続く見込みで、例年以上に寒さの厳しい12月となる可能性があります。日本海側の雪の量も多い予想で、大雪にも注意が必要です。
師走で何かと忙しい時期ですが、いつも以上に体にこたえる寒さになりそうです。インフルエンザも流行シーズン入りしました。体調を崩さないよう十分な注意が必要です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング