朝晩と昼の気温差大 服装で上手に調節を

tenki.jp / 2014年3月16日 7時21分

関東から西は、昼間は気温がグンと上がり、春本番の暖かさとなりそう。ただ、今朝6時現在の気温は、東京で4度7分、名古屋で2度1分、大阪で4度3分など、この時期としては低く、内陸部は0度前後と凍えるくらい。また、夜も冷えます。朝晩と昼間の寒暖差に注意が必要です。

名古屋市の気温のグラフ(予想)

名古屋市の気温のグラフ(予想)

今朝は、関東から西はこの時期としては冷えていて、特に関東甲信から東海の内陸部では広く氷点下に。
昼間は気温がグンと上がり、最高気温は18度前後と、各地で4月並みの暖かさになる見込み。
一例として、上の「名古屋市の気温のグラフ」を見てみると、
最高気温は17度の予想で、朝との気温差は約15度と、大きくなります。
そのほかの各地も、朝は寒くても、昼間は上着なしでも過ごせるくらいの陽気に。
そして、夜は再びグッと冷える、という傾向。
昼間と朝晩の寒暖の差で、体に負担がかかりそうです。
水曜日頃までは、昼間はポカポカ、朝晩は寒い、が続きそう。
重ね着のできるものを持ち歩いたり、ストールなどの小物を上手に活用するなどして、
風邪を引かないように十分にお気をつけください。

今日の予想気温

今日の予想気温

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング